MENU

SEO対策には良いレンタルサーバー選びが必須

ホームページの運営に当たって、検索エンジンで上位表示に選ばれ、
訪問者がストレス無くサイト表示を見る事が出来る、と言う事項は、極めて重要です。

 

多くの人が利用しているヤフーやグーグルなどの検索エンジン対策に、
ホームページ運営者が神経をとがらせて、SEO対策の勉強もしますが、
どのSEO対策も、ホームページの表示スピードが重要なポイントとなっています。

 

ヤフーやグーグルなどでキーワードを入力して検索をする場合、
ウェブサイトが表示されるまでの時間は、利用者にとっての利便性に大きく影響し、
また、検索エンジンのアルゴリズムにおいても検索結果の順位を決める要素でもあります。

 

では、表示スピードをより速くするには何をすればよいのか?
答えは一つ、良い「レンタルサーバー」を選択して使用する事です。

 

良い「レンタルサーバー」には次のような項目があります。

レンタルサーバー選びの条件

 

  1. バックボーンが大容量でかつ帯域幅が広い事。
  2. これは、データの転送スピードに関係があります。

  3. サーバーの安全性やサービスに関する管理が良好である事。
  4. これは、安定して、また、問題が起きても安心して使えることを意味します。

  5. 所要費用が適切である。
  6. サーバー利用者の増加などに対して、データの転送スピードを常に契約時の値を保つことが重要です。機能ごとの費用は当然です。

 

通常の場合、レンタルサーバーは多くの利用者がいる共有サーバーですから、利用者が多くなるとアクセスが遅くなりますので、そのような事が無いように常に先に先に対策を打って、利用者に不便を掛けないように心掛ける必要があります。

 

一般的には「4秒ルール」と呼ばれるルールがあって、検索者はキーワードを入力してからサイトの表示まで4秒以内でないと、「戻る」のボタンをクリックするそうです。
このようになっては、ホームページ、ブログ、アフェリエイトを問わず折角の訪問者が逃げる訳ですから、大変な損失です。

 

従って、先に述べたような、良い「レンタルサーバー」を選んで、SEO対策にも充分に良い答えを出させ、上位表示することを心掛けて下さい。

IPアドレスチェック・ドメイン年齢チェック ドメイン毎のIPアドレスを調査できる。さらに所有ドメインやライバルのドメインエイジが簡単に分かる