MENU

複数のレンタルサーバーを借りるのは金銭的にも労力も大変過ぎる・・・

レンタルサーバーで使える容量も増え、サーバー自体の性能も高くなり、費用を考えても、年々、コストパフォーマンスが高くなっています。

 

その一方で何しろ多くの競争者がいるインターネットビジネスですから、検索エンジンで上位表示となる事は重要な課題となってしまいました。

 

個人が無料ブログなどで情報発信をしながら様々な工夫を凝らす一方、ヤフーやグーグルなどの会社は、多くの人に迷惑をかけるようなスパムや不自然なリンクやSEOに対して、取り締まりも厳しくなり、性質の悪いサイトはどんどんシャットアウトされています。

 

それだけなら良いのですが、レンタルサーバー自体に少しでもおかしいところがあると、性質が悪くなくてもシャットアウトの憂き目に会う事態も起きていますので、ドメインを分散することによってこれを避ける必要があります。

 

 

今、SEO対策ではレンタルサーバーのIPをCクラスで分散使うのが普通

しかしながら、個々のレンタルサーバーのIPをCクラスで分散するためには、契約サーバーの数を増やすことになり、それらを管理する労力も、またレンタル費用も膨大なものとなります。

 

1個や2個なら問題ありませんが、30個以上になるとちゃんと管理するだけでも大変な作業になります。

 

最近は様々な仕様で、IP分散サーバーのレンタルサーバーなら123サーバーがありますので、これを上手に利用した方が経済的にも、労力的にもずっと得になります。

 

例えばIP分散サーバーの場合は、サーバーの契約費用が、1ドメイン当たり、150〜400円/月ですが、これを普通のレンタルサーバーを利用すると、2倍以上の費用になりますし、分散されたレンタルサーバーの管理自体も大変です。

 

以上の理由から、IPをCクラスで分散することを考えた場合は、従来のレンタルサーバーの数を増すことでなく、最初からIP分散サーバーを契約することをお勧めします。

 

IP分散サーバーを契約後、その使い方にも徐々に慣れて、コンテンツを充実しながらSEO対策を自分で実施すれば、色々な意味の節約ができて、ヤフーやグーグルなどの検索エンジンでも上位表示しやすい環境が整うわけです。

 

コスト面からも、性能面からも良いIP分散サーバーを使って、立派な技術で、リーゾナブルに、インターネットでの上位表示に挑戦して下さい。

 

 

IPアドレスチェック・ドメイン年齢チェック ドメイン毎のIPアドレスを調査できる。さらに所有ドメインやライバルのドメインエイジが簡単に分かる