123サーバー IP分散

MENU

外部SEO対策とIP分散

SEO対策にドメイン分散をすることはもちろん大切ですが、今はレンタルサーバーのIPまでも分散させることが重要となっています。

 

何故、IPを分散させることが必要なのか?

 

それは、より自然な形でのリンク構成がヤフーやグーグルでは評価をするからです。

 

というのも自作自演の相互リンクや被リンクでは、同じ人物が行うと、ドメインまでは分散させることは簡単ですが、レンタルサーバーのIPまでも違うものを用意しようとすれば、費用的にも労力的にも大変なことになります。

 

またIPといってもどこまで考えなければならないのか?

 

それらSEO対策に重要なポイントを解説。

IPアドレスチェック・ドメイン年齢チェック ドメイン毎のIPアドレスを調査できる。さらに所有ドメインやライバルのドメインエイジが簡単に分かる

IP分散記事一覧

各サーバーにはIPが割り当てられています。1つのサーバーに通常、1つのIPアドレスのため、例えばIPが『123,223,323,423』というIPの場合、『123,223,323,〜』までが一緒の場合、同一サーバーにあることが分かります。1つのサーバーを借りて、同じアカウントで複数のドメインでサイトを作っても同じサーバーにある限り、『123,223,323,423』まで全てが一緒になります。つまり...

IPは今現在、12桁の数字で運営されています。例としては192.168.255.100などこの場合、192がクラスA168がクラスB255がクラスC100がクラスDとなります。123サーバーの詳細はこちら何故、そのような話をするのかといえば、同じレンタルサーバー会社で複数のサーバー契約をした場合、このクラスCレベルまでのIPが全て一緒になるケースがほとんどなのです。さすがに1年以上、空けてから借り...

自作自演の被リンクを自前で用意しようと思ったとき問題となるのが、IP分散です。レンタルサーバーを幾つか借りれば、もちろんIP分散は可能です。しかし、それは5個とか10個といったレベルでしょう。数十個ものサーバーを借りてIP分散することは管理上も金銭的にも大変なものとなるでしょう。123サーバーの詳細はこちら被リンクなら無料ブログで可能では?と思われたあなたは半分正解で、半分不正解です。というのも、...

レンタルサーバーのクラスCレベルでのIP分散は重要ですが、それとともに大切なのがドメイン分散!というのも・・・クラスCレベルでIPを分散したサテライトサイト群を構築する場合、必然的にドメイン分散が必要となるからです。但し、ドメインを単純に分散すれば良いというものではなく、古い中古ドメインであるオールドドメインが有効です。123サーバーの詳細はこちら