MENU

ドメイン分散するにはどんなドメインが良い!?

レンタルサーバーのクラスCレベルでのIP分散は重要ですが、それとともに大切なのがドメイン分散!

 

というのも・・・クラスCレベルでIPを分散したサテライトサイト群を構築する場合、
必然的にドメイン分散が必要となるからです。

 

但し、ドメインを単純に分散すれば良いというものではなく、
古い中古ドメインであるオールドドメインが有効です。

 

123サーバー公式サイト123サーバーの詳細はこちら

オールドドメインのペナルティとSEO効果

ですが、古ければ古いほど良いという単純なものではありません。

 

ペナルティーがかかっておらず、
リンクをたくさんもらっているドメインが有効です。

 

 

グーグルでは依然、このようなオールドドメインを取得しても、レジストラの情報が書き換われば、その評価はリセットされると云われてきました。

 

 

ですが、現実にはそうではありません。

 

これまで何度もアルゴリズムの変動がありましたが、オールドドメインのSEO効果は依然としてあります。

 

このように効果ばかりが高いようなオールドドメイン効果ですが、
実際は逆も存在します。

 

SEO上、効果があるというのは、リンクの評価が高いからであり、
逆にペナルティを受けているドメインは所有者情報が書き換わっても、
そのままではペナルティーは解除されません。

 

 

オールドドメインは良くも悪くも効果があるのです。

 

 

 

 

なので、オールドドメインばかりじゃなく、
新規ドメインや日本語ドメインなども含めて
ドメイン分散を行いましょう。

 

 

自分でおこなうSEO対策はドメイン分散とIP分散が基本!

 

 

いくら口コミで人気サイトに育てようとしても、
ツイッターやフェイスブックなどで評価の高いサイトにしようと思っても、
まずは基礎的なサイトの土台となるドメイン分散とIP分散はやっておかなければ、誰にも気づかれずに、陸の孤島のようなホームページが1つ増えるだけです。

 

 

SEO対策で躓く前にドメイン分散とIP分散は忘れずに!!

IPアドレスチェック・ドメイン年齢チェック ドメイン毎のIPアドレスを調査できる。さらに所有ドメインやライバルのドメインエイジが簡単に分かる

関連ページ

クラスCレベルのIP分散とは
クラスCレベルのIP分散とは。123サーバーを徹底評価レビュー!当サイト限定特典付き
クラスCレベル
クラスCレベルとは。IP分散出来るレンタルサーバー。123サーバーを徹底評価レビュー!特典付
自作自演のIP分散
自作自演のIP分散。クラスCレベルで出来るレンタルサーバー。123サーバーを徹底評価レビュー!特典付