123サーバー クラスCレベルのIP分散

MENU

レンタルサーバーのCクラスIP分散とは

各サーバーにはIPが割り当てられています。

 

1つのサーバーに通常、1つのIPアドレスのため、
例えばIPが『123,223,323,423』というIPの場合、
『123,223,323,〜』までが一緒の場合、
同一サーバーにあることが分かります。

 

1つのサーバーを借りて、
同じアカウントで複数のドメインでサイトを作っても
同じサーバーにある限り、
『123,223,323,423』まで全てが一緒になります。
つまり相互リンクや被リンクを送っても
自作自演ということが検索エンジンには分かってしまうのです。

 

123サーバー公式サイト123サーバーの詳細はこちら

 

この例の場合、
123がクラスA
223がクラスB
323がクラスC
423がクラスD
となります。

 

クラスCレベルでのIP分散とは
例え、クラスA、クラスBが同じでもクラスCおよびクラスDが異なることです。

 

つまりクラスCレベルでIPを分散することで、
同一サーバーではないことになります。

 

同一サーバーにないことで、
同一人物による自作自演の被リンクではない!?

 

クラスCレベルのIP分散とは、
これから外部SEO対策の必須項目と言えるでしょう。

IPアドレスチェック・ドメイン年齢チェック ドメイン毎のIPアドレスを調査できる。さらに所有ドメインやライバルのドメインエイジが簡単に分かる

関連ページ

クラスCレベル
クラスCレベルとは。IP分散出来るレンタルサーバー。123サーバーを徹底評価レビュー!特典付
自作自演のIP分散
自作自演のIP分散。クラスCレベルで出来るレンタルサーバー。123サーバーを徹底評価レビュー!特典付
ドメイン分散とレンタルサーバーのIP分散
IP分散の必要性とクラスCレベルの意味。123サーバーを徹底評価レビュー!当サイト限定特典付き