123サーバー クラスCレベル

MENU

クラスCレベルで簡単にIP分散

IPは今現在、12桁の数字で運営されています。

 

例としては
192.168.255.100など

 

この場合、
192がクラスA
168がクラスB
255がクラスC
100がクラスDとなります。

 

123サーバー公式サイト123サーバーの詳細はこちら

 

何故、そのような話をするのかといえば、
同じレンタルサーバー会社で複数のサーバー契約をした場合、
このクラスCレベルまでのIPが全て一緒になるケースがほとんどなのです。
さすがに1年以上、空けてから借りれば、
IPも変わりますが、
2、3ヶ月くらい後に同じサーバーを追加で契約した場合でも、
ほぼ同じになります・・・

 

クラスCレベルでIPを分散することは、
サイトをつくる度に、別会社のレンタルサーバーを借りなければならず、
その管理やコストを考えると大変な作業になります。

 

また慣れない管理画面や標準機能の違い、
CGIの設置、パーミッションの違いなど
レンタルサーバーを変えればIP分散になるとは云っても
とても労力がかかる作業になってしまいます。

 

その点、123サーバーなら、
1つのアカウントで複数のサーバーを管理できるので、
とても便利な上、値段も格安です。

IPアドレスチェック・ドメイン年齢チェック ドメイン毎のIPアドレスを調査できる。さらに所有ドメインやライバルのドメインエイジが簡単に分かる

関連ページ

クラスCレベルのIP分散とは
クラスCレベルのIP分散とは。123サーバーを徹底評価レビュー!当サイト限定特典付き
自作自演のIP分散
自作自演のIP分散。クラスCレベルで出来るレンタルサーバー。123サーバーを徹底評価レビュー!特典付
ドメイン分散とレンタルサーバーのIP分散
IP分散の必要性とクラスCレベルの意味。123サーバーを徹底評価レビュー!当サイト限定特典付き